MENU

スマートフォンの明るさはどのくらいがいいの?

室内にいるときは「最小」がいいでしょう。

 

太陽の光があたるような窓際にいるか、よほど明るい光がないときは最小で十分です。

 

ちょうど“良くない”明るさの場合

見づらいのでスマホを傾けたりする
画面の光が目を刺激して痛い
見ている時間が長くないのに目が疲れる

などがあります。

 

 

ちょうど良い明るさというのは人にもよるかと思いますが
「見づらい」、「疲れる」と感じたら光の強さがその環境に合っていないのかもしれません。

 

スマホが見づらい場合は?

スマホが見づらくて傾けるのなら明るくしてみる。
光が刺激的ならば、暗くしてみましょう。

 

短時間で目が疲れるのは、暗すぎる場合、明るすぎる場合の両方考えられます。

 

室内と屋外では光の強さが変わりますのでそのたびに明るさを変える必要があります。

 

私は実際、部屋にいるときは“最小”

 

窓際にいるときは明るさを調節するときに、半分以下で明るくさせます。
それでも暗い場合はあるのでそのときは半分以上にしますが、3分の2くらいです。

 

外にでたときも3分の2くらいか、それ以下が殆どです。

 

 

ちょうど良い明るさは、分かりづらいと思いますが

 

『その環境とおなじ明るさにスマホの明るさを設定する』

 

です。

 

明るさの「最大」は、

 

画像をよく見たいとき

 

画面を他人に見せるとき

 

にしましょう。

 

 

こまめに明るさを変えることで目への負担を軽減させることができます。